スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花シリーズ 2010年05月03日 ローライフレックス 3.5F コメント:0

09090801.jpg
RolleiFlex 3.5F Planar F3.5 75mm
KODAK PORTRA 400NC


八重咲きのクレマチス



スポンサーサイト

花シリーズ 2010年05月03日 ローライフレックス 3.5F コメント:0

09122903.jpg
RolleiFlex 3.5F Planar F3.5 75mm
KODAK E100G

足立区の青木さん(花作家)のモハナは
男性には受けがいいけれど
女性にはちょっと不人気らしいとのこと
なので、市場ではそこまで人気がない
それを聞いてかなりびっくりしました

そんなに多くのバラを見てきたわけじゃないけど
青木さんの作るバラは
おそらくここ数年の間でも
かなりレベルの高い部類に入るように思います

バラを見るときの視点が違うのかもしれないけれど
花びらの付き方、開き方、花の立ち上がり方、茎の色、太さ、
葉の形、葉の色、一輪で見たときの立ち振る舞い、
たとえば渋谷で人気の某花屋で売られているバラと比べても
雲泥の差です


青木さんちのバラと、
他のバラでは圧倒的に差が出ているのは
花を見れば一目瞭然なのですが
実は、その差が出る裏付けがあります

それは花を農家から市場に運びこむ方法にあります

ふつうは、ある程度、利益がでるくらいの量を箱に詰め込んで輸送します
青木さんのところの運び方は箱には詰めず
大きめの花瓶(プラ筒のようなもの)に数本ずつ余裕をもって入れて
自前のトラックで少量だけを運びます
おそらくそんなやり方では利益は出ないでしょう

しかし、そうしたやり方で運ぶからこそ
花びらの形は保たれ、花びらが焼けることもなく、
葉の形、茎のしっかりとした強さが保たれた状態で市場に並ぶのです

この話しは、
青木さんちのバラをいつもいただいている花屋さんに聞いたものですが
他の農家はどうだろうと自分でも調べてみて
青木さんのやり方が、かなり「損」を出すやり方だとわかりました
しかし、損を出しても花そのものは良いものを市場に出したい
という気持ちが、このようなやり方を続けさせているのでしょう

花シリーズで写す花は
どんな花でもいいというわけではありません
見えないところにこだわる
農家、花作家さんが作る花、努力の結晶を
写真として焼き付けているのです


2010年05月02日 ローライフレックス 3.5F コメント:0

10050201.jpg
RolleiFlex 3.5F Planar F3.5 75mm
KODAK PORTRA 400NC


前向いて進んでいこう
空を見上げて笑おう



街角の風景 2010年03月15日 ローライフレックス 3.5F コメント:2

10031404.jpg
RolleiFlex 3.5F Planar F3.5 75mm
KODAK PORTRA 400NC

ここも何度か挑戦する場所

ほぼいつの時間も日が当たらないのでなかなか難しい

見たままを再現したいのに
それがなかなかできない場所のひとつ

もうちょっとピッタリ焼き付けないとダメだなぁ


ネコシリーズ 2010年03月14日 ローライフレックス 3.5F コメント:4

10031401.jpg
RolleiFlex 3.5F Planar F3.5 75mm
KODAK PORTRA 400NC

ナァー

と声が聞こえてきそうです

この子がここまでの距離で写真を撮らせてくれたのはこの日が初めて
そして最後となりました

名前をつける前にサヨウナラ

死んだのはなく
写真の後ろ側に建っていた家が取り壊しになったので
引っ越していきました

君と僕の関係はこれからだったのにねぇ


花シリーズ 2010年01月04日 ローライフレックス 3.5F コメント:0

10010401.jpg
RolleiFlex 3.5F Planar F3.5 75mm
KODAK E100G


今年は花シリーズのために、花瓶もいくつか買いたそうと思っています

一輪挿しにあったかわいいのが探せるといいな


それから、あえてシートを使わず壁紙を活かした撮影の仕方を選んでいましたが

シートを垂らして処理を丁寧にやってみるのもいいかなとも思ってます


花シリーズ 2009年12月29日 ローライフレックス 3.5F コメント:3

09122901.jpg
RolleiFlex 3.5F Planar F3.5 75mm
KODAK E100G


花シリーズは、自然光で撮ることをベースに考えているのですが、
花の成長(劣化?)のピークと天候(光の具合)がマッチするかどうかで、
狙った写真が撮れるかが、左右されてしまいます

窓から入射する光の具合などを考えて、
花シリーズは午前中でも早い時間帯に撮らなければいけません
ベストは、夏の時期の7時前後
冬の時期に撮る花シリーズは、ベストな状況になかなか恵まれませんが、
それはそれで、また冬の光ならではの、ぼやーとした良さがあります

花シリーズ 2009年12月27日 ローライフレックス 3.5F コメント:2

09122701.jpg
RolleiFlex 3.5F Planar F3.5 75mm
KODAK PORTRA 400VC





 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。