スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発引っ越し 神原将の書籍通販サイト 2014年07月02日 お仕事 コメント:2

原発事故の放射能汚染から逃れるため、世田谷から呉へと避難しました。
311避難以後、我が家の避難の様子を記録して本を出版しました。
また、西日本に避難をした家族へ取材をして、その記録も本にまとめました。

その自著本を扱ったサイトを作りました。
ぜひ、興味のある方は一度手にとって読んでみて下さい。
紙の本以外にも、Kindle版など電子書籍もあります。

『原発引っ越し 神原将の書籍通販サイト』
http://shou-kamihara.simdif.com/index.html
スポンサーサイト

縦書き文庫で 書き下ろし小説の最新作を公開しました 2011年03月03日 お仕事 コメント:0

縦書き文庫へ新作の小説を公開いたしました

『この坂の向こう側(下)』
http://t.co/b1ys5Ci

この小説は(上)があります
http://t.co/mU6Cl53
未読の方はそちらもよろしくおねがいします!
(いずれも、現在は無料で読めます)

単行本にすると上下合わせて100ページくらいの短中編なので
1時間もかからずに、すぐ読めると思います
パソコンで読むのを推奨しますが
スマートフォンでも読めますよ
(僕はAndroidで動作確認してまーす)

感想などもいただけると嬉しいです(^^)


つま恋で記念パーティーを行います! 2011年01月18日 お仕事 コメント:2

昨年末に出版された「吉田拓郎とつま恋と僕」の出版記念パーティーを
静岡県掛川市つま恋にて行います!!
吉田拓郎さんファンにとっては聖地!
その場所で行われる記念すべきイベントです!

どなたでも参加できます!
詳しい参加方法などはつま恋公式サイトに掲載されています
http://www.tsumagoi.net/event/yoshida8.html

* 日時:2月13日(日)13:00~
* 会場:桔梗の間
* 金額:5,000円(食事付・チケット制)
* 主催:株式会社つま恋
※カジュアルなパーティーを予定しておりますので平服でご参加ください。
* 当日のスケジュール予定
o 12:15~  受付(SMCロビー)
o 12:30   開場(桔梗の間)
o 13:00~  パーティー
o 15:00頃~ トークショー他
o 17:00   終了予定

* 特別宿泊プラン
特別価格6,500円(朝食・温泉付)
※参加者限定の特別プランです

今回も、僕もゲストとして参加します
前回の東京タワーイベントでは時間が少なくて
お話する時間もありませんでしたが
今回はたっぷり時間がありますので
ぜひ!もろもろな話に花を咲かせましょう!

ちなみに、ビールとかお酒とか大好きです♪(笑)


奥野敦士さんの「ナンツッテ!プロジェクト」 2011年01月16日 お仕事 コメント:0


奥野敦士さんをご存知でしょうか。
ロックバンド「ROGUE」で熱い楽曲をいくつも熱唱!
日本武道館を8千人で埋めた実績をもつミュージシャンです

音楽活動以外では
『岸和田少年愚連隊』などドラマ・映画など俳優として出演
その演技力から業界内外から注目を集めました

そんな奥野敦士さんですが
2008年頃に不慮の事故にあい頚椎損傷となりました
音楽活動、俳優活動、共に中断を余儀なくされ
現在リハビリを行っています

ミュージシャンの松岡英明さんからの紹介で
奥野敦士さんとお話し合いを続けながら
ここに、奥野さんに関しての本作りをしよう!という
「ナンツッテ!プロジェクト」が立ち上がりました

有志で集った人々が奥野さんの手となり足となりながら
本を世に出し、そして本を芯とした上で
そこから派生するいろいろなことに挑戦していこう
そういう活動です

この活動は現在は主にツイッター上で展開していますが
ここ数週間のうちに、公式サイトやFacebookなどが立ち上がる予定です
どうぞみなさんのご支持・ご声援をよろしくお願いいたします

奥野敦士さんのブログ
http://atsushi-okuno.at.webry.info/

奥野敦士さんのツイッターアカウント
@atsushi_okuno

「ナンツッテ!プロジェクト」に関するツイートは
ツイッターにアクセスしていただき検索欄に
#nanntsutte2011
と入力して検索していただければ
みなさんのつぶやきを見ることができます

縦書き文庫さんに、また小説を公開しました 2011年01月10日 お仕事 コメント:1

縦書き文庫さんに『オレンジ色の猫』という小説を

上巻と下巻という体裁で公開いたしました(無料で読めます)

http://tategakibunko.mydns.jp/profile/shoukamihara


文字制限が今のところ1度で3万字というのがありますので

2巻分となっています

ただ分量としては、短編くらいの分量ですから

人によってはすぐ読めると思います



ブラウザが搭載されたタイプのスマートフォンやパソコンからは

問題なく読めているようですが、普通の携帯電話からは読めないようです

普通の携帯から読める電子書籍というものがあまりないので

なかなか全部の端末で同時に読んでもらうのが難しい状況ですが

できればパソコンの大きな画面でどうぞご覧ください



小説を電子書籍サイトへ公開しました 2011年01月06日 お仕事 コメント:0


『縦書き文庫』に神原自作の小説をアップしてみました。

「静かに目を閉じる、また幸せな一日」
http://goo.gl/OTspR


テーマとしては事件や事故など、史実をベースにしつつ小説にしたもので

1話が単行本の8ページ程度にあたる短いショートショートとなっています

縦書き文庫では字数制限があり3万字まで

なので、いくつか掲載していない話がありますが

ひとまず無料で8話分読めます

お時間ある方はぜひ一読ください


この小説、実は昨年秋頃にある媒体で連載ものとして話が持ち上がりましたが
担当者が本気じゃなかったのか、多忙ですっかり忘れてしまっているのか
その後、まったく音沙汰がなくて、行き場がなく困ってました
この際、とりあえず電子書籍で公開しちゃおう!ということにしました


東京タワーイベントの1コマ 2011年01月04日 お仕事 コメント:0

11010401.jpg
写真:屋敷貢一

12月18日に行った『吉田拓郎とつま恋と僕』の1コマです
写真をたくさんいただいた中からチョイス

手前のスタッフ資料を手に取って見られるように準備したのは僕ですが
奥側にある貴重な写真集などは当日スタッフとして手伝っていただいた
屋敷さんが持参されたものです!(ありがとうございました)


11010403.jpg
写真:屋敷貢一

会場の入り口
隣りでキャンドル実演?サービスなどをしていて
入り口は小さくなってしまいました


11010402.jpg
写真:屋敷貢一

トークショーのステージ
トークショー後は萩一訓さんによる演奏がありました
また後ろに見えるモニターで書籍に掲載した写真のスライドショーをしました
書籍ではモノクロで掲載だったので
カラーでそれらの写真が見られた
数少ないチャンスだったのではないでしょうか

東京タワーイベントは成功に終わりました 2010年12月20日 お仕事 コメント:2

ご報告が遅くなりました
12月18日の東京タワーイベントは無事終了いたしました
参加いただけたみなさま、また昼、夜通して丸一日お付き合いくださったみなさま
本当にありがとうございました
早い方ですと、11時には受付を済まされておりました

来てくださった皆様には
本当に優しい言葉をたくさんかけていただき
また、お土産、差し入れもたくさんいただきました
来てくださっただけでも嬉しいのに
お礼の言葉もございません
何かしらの形でお返ししていければと思っています


僕はといえば、イベント終了後、
風邪や気管支炎や高熱でダウンしている家族の元へすぐ戻りました
木下さん、萩さんと、お互いの苦労をねぎらって打ち上げをしましょう!
という段取りになっていたのですが
申し訳なかったのですが、家に飛んで帰りました


じつは当日の僕は
ここまでのイベントの準備や、娘たちの看病などで弱っておりました
当日は、熱意だけで動いていたように思います

帰宅後、すぐに僕もダウンしてしまい
日曜、そして今日と38度という微熱が続いております
娘らも体調が回復せず
年内は幼稚園もお休みだなぁと・・・


そういう状況でしたので
すぐにイベントの終了の報告や
お礼などができませんでした
改めてここでお礼をいたします
本当にありがとうございました!!

今回だけに限らず、今後もどうぞ気軽に声をかけてください!
もしもできることならこれをきっかけに
拓郎さんファンの皆様の仲間に入れていただけると嬉しいです
新参者ですので、どんどん指導してください
よろしくお願いいたします

 » »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。