スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電柱シリーズ 2009年11月30日 SUPER FUJICA-6 コメント:0

09112803b.jpg
スーパーフジカシックス FUJINAR F3.5 75mm
KODAK PORTRA 400VC

電柱を見上げて
ああ、枯れかけの花のようだな
と思った時があった

それが電柱の写真を撮り始めたきっかけ


スポンサーサイト

花シリーズ 2009年11月28日 SUPER FUJICA-6 コメント:4

09112803.jpg
スーパーフジカシックス FUJINAR F3.5 75mm
KODAK PORTRA 400VC

本来なら、こうした悪条件では花の撮影なんてしないものです。
でもこうした写りを表現のひとつととらえてしまえば、そうした常識は、どうってこともなくなるものです。


歩道橋シリーズ 2009年11月28日 SUPER FUJICA-6 コメント:0

09112802.jpg
スーパーフジカシックス FUJINAR F3.5 75mm
KODAK PORTRA 400NC

ハッセルブラッドのプラナー80mm f2.8でも撮影した歩道橋。
画角が違うこともありますが、何よりも光の具合でここまで印象が変わります。
当たり前といえば、当たり前なんですが。

晴れた日の、できるだけ太陽が真上付近にある時間帯が、今どきな画になるような気がします。

ちなみに下はハッセルの写真。

09051601.jpg

歩道橋シリーズ 2009年11月28日 SUPER FUJICA-6 コメント:0

09112801.jpg
スーパーフジカシックス FUJINAR F3.5 75mm
KODAK PORTRA 400NC

今年の春頃の写真だろうか。
以前にも書きましたが、だんだんと減っている状況なのに、歩道橋のシリーズも撮り続けています。
身の回りを見ても、大きな道路にポツポツとあるくらい。
さくさくとカットがたまっているような題材ではないので、あまり意識せずにいようかなーと思うのですが、こうして現像してみるとなかなか好きな1枚に。

僕の撮る歩道橋の写真は決して外観を引いて撮ったりしませんし、歩道橋の下から見上げるようにも撮りません。歩道橋の上のこの位置。そうなると、向こう側のビルの壁とか、街灯とか、そういうものの存在が大事になってきます。


バラ 2009年11月25日 未分類 コメント:2

09101401.jpg



街シリーズ 2009年11月24日 SUPER FUJICA-6 コメント:0

091124a.jpg
スーパーフジカシックス FUJINAR F3.5 75mm
KODAK PORTRA 400NC

これだけの空間から、この辺りのいろいろなことが妄想できそう。
そんな写真。


花シリーズ 2009年11月24日 マミヤ C220 コメント:0

09112302.jpg
MAMIYA C220 MAMIYA-SEKOR F3.5 65mm
KODAK PORTRA 400NC






花シリーズ 2009年11月23日 マミヤ C220 コメント:0

09112301.jpg
MAMIYA C220 MAMIYA-SEKOR F3.5 65mm
KODAK PORTRA 400NC

紫陽花の頃が、いちばん気温も光も良いので、
カメラを外に持ち出したくなる

街シリーズ 2009年11月22日 マミヤ C220 コメント:0

09051405b.jpg
MAMIYA C220 MAMIYA-SEKOR F3.5 65mm
KODAK PORTRA 400NC

この場所は、肉眼で見ると「撮りたいなぁ」と思わせる魅力があるんですが、
フレームにおさめると、なんだか難しい場所に変化します
つまり写真にしたとたんに、その場にいるときに感じる雰囲気が台無しになってしまうのです

それだけ自分の腕がまだまだということなんですね、写真はウソつきません。
これからも何度も撮る場所になると思います

ウィンザーハイム 2009年11月20日 風景 コメント:2

2005082506.jpg

赤いカーテンの真下に、あの人が

最愛の人と過ごした時間を
まるで止めてしまったように
ウィンザーハイムはそこに立つ

曇り時々晴れにて
ベランダには空を仰ぐ67の影
真っ白にベランダを埋め尽くした雪の上を
飛び跳ねたチロの息づかいを
木々の陰にひっそりと感じる

赤いカーテンの真下の、あの人は
今日も最愛の人と


窓シリーズ 2009年11月18日 SUPER FUJICA-6 コメント:2

09111701.jpg
MAMIYA C220 MAMIYA-SEKOR F3.5 65mm
KODAK PORTRA 400NC

すごくよくしてくれた写真屋さんがなくなりました。
ブローニのフィルムをもっていっても、数時間後には現像してくれる、とても素敵な写真屋さんでした。

なんでも、ご夫婦で健康なうちに、人生の最後とは言わないけれど、やっておきたいことがたくさんあって、仕事を辞めるなら今かなと思った、ということでした。

仕事の写真などでも、いつも大変お世話になったご夫婦だったので、最後の日にワインでもプレゼントしようと思ってフィルムを2本あずけて計画をたてていたら、なんとインフルエンザで我が家は全員ダウン。
その間に、お店の最終日が過ぎてしまったのでした。

預けたフィルムは最悪もういいとして、どうにか感謝の気持ちを伝えたい。
こちらの連絡先は伝えてあるので、何かのきっかけで連絡があるといいなぁと思っています。


で、これからはどこにフィルムを持って行こうかなと、ちょっと困っています。

花シリーズ 2009年11月17日 マミヤ C220 コメント:0

09111702.jpg
MAMIYA C220 MAMIYA-SEKOR F3.5 65mm
KODAK PORTRA 400NC







街シリーズ 2009年11月16日 SUPER FUJICA-6 コメント:0

091116a.jpg
スーパーフジカシックス FUJINAR F3.5 75mm
KODAK PORTRA 400NC

ピンチだ
ひさしぶりの大きなピンチのまっただ中だ

街シリーズ 2009年11月15日 SUPER FUJICA-6 コメント:0

09111301.jpg
スーパーフジカシックス FUJINAR F3.5 75mm
KODAK PORTRA 400NC

愛した人になら
なんでもできる
考えるより先に熱くなる




花シリーズ 2009年11月15日 SUPER FUJICA-6 コメント:0

09111501.jpg
スーパーフジカシックス FUJINAR F3.5 75mm
KODAK PORTRA 400NC

歩道橋シリーズ 2009年11月15日 SUPER FUJICA-6 コメント:0

091113d.jpg
スーパーフジカシックス FUJINAR F3.5 75mm
KODAK PORTRA 400NC

一言しゃべれば、
ふたりは朝まで一緒にいられた
なのに今は黙ってうつむいて
わかったふりして手を振るだけ


街シリーズ 2009年11月14日 SUPER FUJICA-6 コメント:2

091113c.jpg
スーパーフジカシックス FUJINAR F3.5 75mm
KODAK PORTRA 400NC

あの人は、悪い人
私の気持ちなんて気がづかない鈍くさい人

日頃のため息を小さな箱に入れていたら、
いつの間にかたくさんの箱
たくさんの箱が並ぶのをみていたら、
ああ、私ってこんな愚痴っぽい人間だったんだと自己嫌悪


いつも心の中に曇り空のような灰色を描くのは、
寂しがりやだからだよ
と、あの日あの人はどんな顔してつぶやいたんだったか


街シリーズ 2009年11月13日 SUPER FUJICA-6 コメント:0

09111302.jpg
スーパーフジカシックス FUJINAR F3.5 75mm
KODAK PORTRA 400NC

その日はとても寂しい一日だった。
歩道には人が溢れ、信号待ちで車がたくさん並んでいるのに、まるで音のない世界に放り出されたように静かだった。

見上げると、薄暗く垂れ込める雲と安田ビル。
透明なガラスで囲まれたエレベーターはピクリとも動かず、ついに4度目の黄色信号の点滅が始まっても動かないままなので、なんだか今の自分に似ているなぁと思ってシャッターを切った。


自分の名前が呼ばれた気がして、
遠くに君の姿を探した切なさに、
立ちすくむ。


街シリーズ 2009年11月13日 SUPER FUJICA-6 コメント:0

091113.jpg
スーパーフジカシックス FUJINAR F3.5 75mm
KODAK PORTRA 400NC

クラシックカメラ、中古カメラ、中判カメラ・・・。
毎月のように、どこかしらのカメラ雑誌で上の話題は持ち上がりますが、スーパーフジカシックスが注目されたことは、ほとんどないでしょう。

フジカシックスからスーパーフジカシックスへとモデルチェンジしたことで、操作性やレンズ性能、携帯性など、申し分のないカメラへと完成をしたわけですが、現在においてはその存在を忘れ去られています。
外観も素晴らしいんですけどね。
ここ数年の、女性がアナログカメラのブームを作った流れの中でも、このカメラが取り上げられることはなかったようです。中古カメラ店でも、見る機会がほとんどないからというのもあるかもしれません。

とてもかわいくて、良いカメラなので、一台持っていていいカメラだとおすすめしたいです。

私の場合は、専用革ケースの上フタ部分をとりはずし、本体をガードする下部分の革ケースだけを装着して使っています。
さすが、フジノンレンズの祖先、フジナーレンズだけあって、写りはシャープで、色合いもステキです。


花シリーズ 2009年11月10日 ローライフレックス 3.5F コメント:0

09101404.jpg
RolleiFlex 3.5F Planar F3.5 75mm
KODAK PORTRA 400NC

緑色の小さいひまわりのように見えるのは、原種のバラです。
色も形も、なんだか不思議ですね。


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。