スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneの生命線 2009年09月01日 未分類 コメント:2

iPod時代から仕事にプライベートにと大活躍で、今やなくてはならないツールのひとつとなっていますが、先日機種変更でiPhone3GSにしてから、さらに動作がサクサクになって、テキスト作成やスケジュール管理、情報収集にと今まで以上に大活躍しています。

さて、うちでは音楽プレイヤーとしては利用がなく、ほとんどを無線LANでの仕事ツールでの利用なのですが、そうなるとバッテリーの持ちが問題になってきます。
内蔵バッテリーだけで見ると、音楽を聴き続けると、おおよそ30時間動作、無線LANでネットの利用を続けると9時間くらいの動作のようです。
9時間も使えれば、ほぼ一日仕事で問題ないわけですが、そこは途中で電話がかかってきたりと、他の動作でもバッテリーを消費していくので、無線LANをメインに使ったとしてバッテリーのもちは、実質5、6時間程度といったところでしょうか。

うちでは、iPod時代からエネループの外付けバッテリーを使っています。持っているのは2種類。
そのうちのひとつが、単3電池を2つ使って充電をするタイプです。
それがコレ、SANYO USB出力付き充電器セット KBC-E1S です

RIMG0064.jpg RIMG0068.jpg RIMG0070.jpg
これは本体そのものが大変軽く、鞄の中に入れておくのも邪魔になりません。もちろんエネループ電池との組み合わせで使えますから、バッテリーが消費しちゃえば、そのままUSBなりコンセントにつないで充電できます
さらにKBC-E1Sが便利なのは、エネループだけじゃなく、一般的なアルカリ電池なども使えるってところです。鞄の中にエネループ2個入りで準備していたけれど、思いのほかすぐに電池の残量が減ってしまったという場合に、キオスクなりコンビニなり100円ショップなりで、電池を買うことができるのです!!(ここポイント)
だらか状況にあわせた使い方ができるし、とりあえずコンセントのない場所で、電池が補充できる(お店がある)限り、iPodなり、iPhoneが使えるってわけなんです。
※蛇足ですが、エネループ以外のアルカリ電池などはもちろん充電できません。

もちろん電池2本では、充電できる割合は少ないですが、iPhone3GSだと残り半分あたりから動作させずに充電だけをした場合で、満タン近くまで行けるような感じ。
値段も他のiPod、iPhone関連の充電器と比べても安いので、保険として1つ持っておくのもいいんじゃないでしょうか。


スポンサーサイト

コメント

これもいいかも
USBハブで、電源供給として使えるわけですね。
話は別ですが、単三充電電池使用デジカメが、私は好きでこれから逃れられません。
FD使用デジカメは、私のブログカテゴリー「カメラ、写真」に載っています。
また、HPの「JE7MSD」というのに私の記事を多数掲載しております、よければ、どうぞ~
  1. 2009/09/01(火) 12:22:02 |
  2. URL |
  3. ゆう #-
  4. [ 編集 ]
情報ありがとうございます!
拝見してみますね
  1. 2009/09/02(水) 07:35:56 |
  2. URL |
  3. 神原 #8iCOsRG2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。