スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沢尻えりかさんの事務所の対応 2009年10月03日 未分類 コメント:0

詳しいことは知りませんが、いろいろな噂がいろいろの方々から耳に入ってきます。
都市伝説級のものから、通常表に名前の出ない裏方スタッフの名が出てくるような、かなり現場に近い信憑性の高いものまで。

スターダストプロモーションが大手芸能事務所では初めてタレントの薬物検査を実施することを2日、発表した。(引用元:サンケイスポーツ)

詳しいことは知りませんが、事務所ものっぴきならないところまできているんでしょうね。
これまた詳しいことは知りませんが、過去にも引き抜きだとか、もろもろ大きな出来事があったのに、それでも沢尻さんのことを一番に考えて守ってきた事務所が、今回のような厳しい態度をとったと考えると、なかなか大変な事情がありそうです。

彼女が生み出している利益や、今後生み出す利益などを考えても、手を切ったほうが事務所の被害が少ないということなんでしょうか。
詳しいことは知りませんが。

今週発売になった、ある週刊誌に事務所スタッフの談話として、沢尻さんが高城さんと結婚する前後から、彼女との連絡(意思疎通)があまりうまくいっておらず・・・というような下りが書かれておりました。詳しいことを知らない僕でも、これには閉口しました。
テレビや映画など、仕事は確かに少なかったのでしょうが、CMなどでの露出は沢山見かけた気がしているからです。例えば化粧品の新製品のCMなんですから、ずっと前に撮りためていたもの、という言い訳はきかないですよね。

詳しいことは知りませんが、人を思い通りにコントロールしようとした場合、ある分野の人たちの間では、昔から薬物を使って手なづけるという方法がとられたようです。
年に数千万円、数億円というお金の流れの見える芸能人は、そうした分野の人たちにとって、おいしいカモに見えるでしょう。クスリが切れればどうやってでも買いに来る。一度クスリの快楽の部分を味あわせてしまえば、あとは楽な集金システムとして成立するわけですから。
健全な芸能事務所だったとすれば、ある分野の人にとってみれば、お宅のタレントがうちのクスリの常連だよと、脅しの材料にも使えるっていうのもあるんじゃないでしょうか。

いずれにしても、なんだか妄想がうずまく、ここ最近の薬物と芸能人との話題ですね。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。