スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネコシリーズ 2010年04月05日 フジ GS645S コメント:4

09060101b.jpg
FUJI GS645S EBC FUJINON W 60mm F4
FUJI NS160


お気に入りの一枚
こういう瞬間にはなかなか立ち会えない

先日も書きましたが、僕は同じ場所で一枚しかシャッターを切りません
よくないこだわりだと思いますが、
そういう気持ちが写真を撮らせるので、これはもう仕方がありません
2回切ると2枚目に気持ちが入らないので、切ったとしてどうしようもないのです
ベルトをしながらサスペンダーをする
というような、自信のないような撮り方が嫌いなのかもしれません

この次の瞬間には、この子は手前の塀に飛び移ってしまったので
いずれにしても、この一瞬しかありませんでした
前屈みになっているように見えるのは、そのためです
表情や毛並みまで見せたかったので、
がんばってフジGS645Sの最短距離での撮影
(といっても1mくらいです)

もう今では、このあたりで姿を見ることはできません
座敷猫に昇格したか、寿命の短い野良ネコとして一生を終えたか・・・


スポンサーサイト

コメント

「同じ場所で一枚しかシャッターを切らない」
私には絶対に出来ないことです(笑)

でも素敵なこだわりだと思うと同時に自分がシャッターを切る時の感覚をあらためて考えさせられました。

その一枚がこの写真。
素晴らしいと思います。
猫の表情、姿勢、何よりもその視線の先に何があるのか想像してしまいます。
猫の柔らかい毛並みも感じられます。

空の色、後の気の緑、電信柱がいいアクセントになっているのですかね?
「猫の写真」と言う範疇で考えるわけでなく、好きな「写真」です。
  1. 2010/04/05(月) 23:34:30 |
  2. URL |
  3. atsushi #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]
たくさんシャッターを切るのがダメというわけではなくて
自分のスタイルなので、変なこだわりです

ネコのバックに植木の緑があるのもコントラストが出て良かったです
これが空バックだとまた違ったでしょうね

それから、645の60mmなのと、
フジの645なのでタテ位置での撮影になるのですが
そのために上の街灯まで入ったのも成功しました

しかし、このボケの雰囲気と、ネコの毛並みの表現と
フジノンレンズのすばらしさがよくわかる写真だなと思います
もっとフジにはがんばってほしいです
(フィルムの製造もずっと続けて欲しいです。僕はコダックを使うことが多いのですが・・・)

  1. 2010/04/06(火) 10:12:04 |
  2. URL |
  3. 小日向草 #8iCOsRG2
  4. [ 編集 ]
猫の目線が良いですね
背景のボケも効果的ですね
GS645は 私もフィルムカメラを使っている頃に 使ったことがあります
私は もっぱら W を使っていました
富士フィルムには ブローニーのフィルム 頑張って作り続けてもらわないといけますう
  1. 2010/04/06(火) 10:15:35 |
  2. URL |
  3. mokuu #-
  4. [ 編集 ]
写真が良いというよりも、被写体がいいですよね
何かを感じて飛び移ったようなんですが、
ファインダーを覗いていたので、何を見ていたかはわかりません

GS645Wは一度使ってみたいなぁと思いつつも、
まだ触ったことがありません
たしか距離計がないタイプですよね

GA645もGA645Ziも使っていましたが、
結局GS645Sに戻ってしまいます
結局、レンジファインダーの二重像が好きなのかもしれません

  1. 2010/04/06(火) 18:56:56 |
  2. URL |
  3. 小日向草 #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。