スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花シリーズ 花は、愛情なり 2010年05月31日 プラウベルマキナ67 コメント:0

10052705.jpg
プラウベルマキナ67 NIKKOR 80mmF2.8
KODAK PORTRA 400NC

こんなバラがいつも玄関先にあると
それだけで幸せになってしまいそう
たわわに咲いた、イングリッシュローズ
これは、このブログで何度も名前を紹介している
足立区の青木さんこと、
青木農園さんちの庭先(咲き)のバラです

このバラも可憐ですよね
1本の枝につく花のボリューム感、葉の付き方
どれをとっても申し分ありませんが
実はこのバラ、売り物ではありません
庭先(咲き)のバラと書きましたが
言葉通り、庭で育っているバラを
市場で働いてらっしゃる仲卸さんなどのために
「市場で飾ってくださいね」
という心配りで渡したバラということです
なんと贅沢な心配りでしょう!

そのバラが、いつもお世話になっている
「Flowershop Bamboo」さんの手に渡り
うちにやって来たということになります

詳しい品種は、仲卸さんが忘れてしまったとのことですが
4文字なのは確かとのこと
調べてみましたが、4文字のイングリッシュローズは多く
姿形はどれも似ています・・・
特定には至らなかったので、ここでは品種は書かないでおきます
どなたか、「これだ!」とわかる方がいましたら教えてください

イングリッシュローズなだけに、香りが芳醇で
花重も厚く、シルクのようにしっとり柔らかい花びらです

それにしても、花農家さんたちの心意気や愛情を
感じずにはいられないバラとなりました

-追記-
さきほどお花屋さんに行ったところ
名前を教えていただきました
「エベリン」
という名前だそうです
図鑑などで紹介されているものは、
この写真のものよりも
もう少しピンクがかったものが多いみたいです

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。