スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花シリーズの舞台裏 2010年05月31日 ペンタックス オートロン コメント:4

10052517.jpg
ペンタックス PC35AF-M DATE PENTAX LENS 35mm f2.8 0.7m~無限
Solaris 400

花シリーズの撮影現場です
実は、こんな悪条件の中で撮影しています
こんな場所では普通はセッティングしません

花シリーズは今後、外で撮る写真も多くなりますし
人の顔なども出てくると思いますが
この場所で撮る写真が基本というのは
今後も変わらないと思います


スポンサーサイト

コメント

なるほど!
どういう明かりの取り入れかたをなさっているのかと、
ずっと気になっていたのです、実は・・・

「希望を感じさせる一筋の光明」・・・・・・・
なんか月並みな表現っぽいですが、

暗闇の中の小さな望み・・・(同じですね、言ってる事)

みたいなのを感じて、いつも見入ってしまうのですよ。
  1. 2010/05/31(月) 23:21:11 |
  2. URL |
  3. ネコの介 #-
  4. [ 編集 ]
立派な撮影セットなら、堂々と見せるんでしょうけど、
うちはあくまでも生活の中の写真なので、
こんな具合にしかやれません
なので、普通はこういうところは見せないんでしょうけど・・・

希望を感じさせる光というのは
そう感じていただけると嬉しいです
この窓の場所は東側なので、
まさしく朝、早い段階で差し込む光が
そう印象づけると思います

  1. 2010/06/01(火) 18:58:58 |
  2. URL |
  3. 小日向草 #8iCOsRG2
  4. [ 編集 ]
たしかに撮影環境としては良いとは言えないkもしれませんが、
この環境だからこそ、情感に訴えるような花のポートレートがとれるのかもしれないですね。

ぼくはこの差し込む光が、このシリーズの全てだと思いました。
  1. 2010/06/01(火) 21:16:45 |
  2. URL |
  3. sotozaki #-
  4. [ 編集 ]
>sotozaki様

コメントありがとうございます
励みになります!

この環境を選んだのは
まさにこの光があるからなんですが
逆にいえばそこしかないかな・・・
という歯がゆい気持ちもあります

図鑑のための花写真ではないので
淡々とその時の気持ちや花の雰囲気を
できるだけ残していければと思います
  1. 2010/06/01(火) 23:22:28 |
  2. URL |
  3. 小日向草 #8iCOsRG2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。