スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

増刷決定! Amazonの在庫も余裕が出てきました! 2010年12月04日 お仕事 コメント:0


『吉田拓郎とつま恋と僕』 木下晃著 講談社発行
amazonはここをクリック
11月25日に発売となった(場所によっては26~27日頃)同書ですが
発売してすぐに、Amazonでは在庫不足の状況が頻繁に発生しました

欲しくても届かない、予約していたのにキャンセルしてください
なんていうメールが届くといったような状況が1週間続きました

補充される本の数でも、足りないくらいの人気だと
作り手としては嬉しい悲鳴をあげておりました
しかし、ただ嬉しいと言っている場合ではなく
この状況をどうにか打開しなければなりません

11月最後の週は出版社とのやりとりがいろいろと続きました
その結果12月3日正午ちょうどに増刷が決定いたしたのです
担当編集者のMさん、販売部のみなさん、ありがとうございました

すぐさまAmazonへの補充も再開されたため
「1~4週間待ち」といった、いつ届くのかわからない状況が解消されました

4日現在では、早い地域の人ですと
午前中に注文したものが夕方から夜までには届く
といったところまで回復しています
ほっと一安心です


さらに、Amazonでは日本のミュージシャン部門において
12月2日に1位を獲得しました!!すごい!快挙です!!
(現在は2位、1位は矢沢永吉さんの「成り上がり」デットヒートを続けています)

Amazonの総合順位については
在庫が不足していたことなどが響き
一時は40位台までぐんぐん上がりましたが
現在では700~500位を上下しているところです
しかし過去の経験上、
在庫がなくなってしまったにも関わらず
この順位で推移しているのは本当にすごいことだと思います
(在庫なしでも注文している人が多いんですね!)

あくまでも僕の予測でしかありませんが
2月までにもう一度か二度増刷がかかることがあれば
いろいろなメディアでの露出も多くなるんじゃないかと感じています


さて、読後の感想として私宛にコメントやツイッター、メールをいただく中には
「木下さんの志、社会人としての姿勢を学んでもらうために娘にもう一冊買い与えました」

「友情や愛情を超えた友をもつ喜び、そうした信頼を得られる人生が素晴らしいことを
拓郎を知らないような知人らにもこの本を通して伝えたいと思った」

「私も舞台裏で働いていますが、木下さんの存在を知り大きな勇気をもらいました」

「このままでは終われない、まだまだ俺たちはやれるんだ!と感じられるいい本でした」

毎日のようにメッセージをいただいています
本当に嬉しいです
ありがとうございます




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。