スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花シリーズ カルーノ・シャルロット 2010年12月31日 digital コメント:0

10123103.jpg
digital-camera

ため息が漏れ出るような恋の色したラナンキュラス
その名は「カルーノ・シャルロット」
フラワースピリットさんの作品

フラワースピリットさんは長野県の花農家さん
何人かの農家さんでチームとしてされているそうです

以前こちらのラナンキュラスでは
「コゲ」をいただいたことがありましたが
大変面白い、興味深いラナンキュラスでした
他のラナンキュラスと違いツボミのような縮こまった状態なんです
いわゆる変わり種を固着させたんでしょう
そうしたアプローチにも余念がない花農家さんで
その品質には大変頭が下がります

今回のシャルロットは、フラワースピリットさんの作品の中でも
花弁がひらひらと漂い、繊細で優雅です
スタンダードなラナンキュラスが好きな方からすれば
もっとこんもりと丸まった状態で
何重にも花弁が重なる姿を好むかもしれません
例えば「コートレッド」や「ノアン」のような品種は
バラにも負けないほどの花弁の重圧さと立ち振る舞いです
バラに負けないフォルムがラナンキュラスの良さのひとつといえるでしょう

しかしまた、今回のシャルロットのような姿は
一輪で視線に絶える力強さをもっているように思います
天に向かって花弁が開く杯型の姿は
まるで手を大きく広げて立つドレス姿の女性のように思えるのです
きっとその情景に恋心が芽生えるのでしょう


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。